マイホームが出来るまで

地鎮祭は工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建物の末永い加護を願う祭りです。

インテリアコーディネーターと打ち合わせいただいた際、御要望に応じて神主様を御紹介致します。

あわせてご近隣への挨拶を行います。

※任意の催しになります。

地盤の強度(N値と呼ばれます)を測定し、その地盤の上に予定の建物が建築できるかどうかの調査を行います。

調査方法はスウェーデン式サウンディング、表面波、ボーリング等様々です。

軟弱地盤の判定が出た場合、地盤改良工事が必要となります。

基礎工事とは、家が傾いたり沈んだりしないように建物の荷重を偏りなく直接地盤に伝える役を担う「基礎」を築く工事です。基礎は『ベタ基礎』を基本としています。

木造家屋でもこの部分は鉄筋コンクリート造とし、床下の防湿対策を兼ねたつくりになっています。

配筋検査とは、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。

鉄筋の配置・寸法・数量・種別などを示した図面を「配筋図」、配筋図を元に正しく鉄筋が配置されているかをチェックすることを「配筋検査」といいます。

建物の耐久性や強度に直接影響するため、重要な検査といえます。

建て方は、棟梁や親方達が一同に集まり、構造材を一つ一つ組み、家の形を造る工程のことです。

2日間程で柱や梁が組み上げられます。

組み上げ後の大きな外観をご覧いただくと、施主様も家づくりを実感できるかと思います。

上棟式は建前(タテマエ)とも呼ばれ、無事、棟が上がったことに喜び感謝するものです。

上棟式は儀式というよりも施主様が職人さんをもてなす「お祝い」といえます。工事に関わった人が一同に会し今後の工事の安全を祈願し、お互いの協力の元に家をつくり上げていこうとする意思表示の会でもあります。

※任意の催しになります。

屋根工事は、雨の多い日本の住宅にとっては要といってもいい工事で、木工事の段階と外装工事にまたがって行われます。

木工事は構造部分も含め家の骨組みを造っていく工事であるため、重要な工事のひとつと言えます。

 

木工事は大きく四段階に分けられます。

1. 土台から柱を立ち上げ、梁・桁など横木を渡し、主要な骨組みを作る。

2. 筋違い(筋交い)や間柱、小屋組みや床組みを施す。

3. 壁、屋根の下地を施し、サッシやドアを設置する。ガス、水道、電気などの配管配線工事も同時に行う。

4. 外部では屋根材を葺き外壁を施し、内部では断熱材を施工し、内装の下地を施す。

中間検査は、安全な建物を実現するために工事の中間段階で実施し、基準を満たしていることを確認する検査です。

この検査の目的は建物の構造の安全性を事前に確認することで、検査に合格した建物には『中間検査合格証』が交付されます。

設備工事は、キッチンやトイレ、洗面所といった排水や給水を取り付ける工事で、温水器やエコキュート・ガスボイラー等もこの段階で行います。

敷地の形状や住宅に合わせ、工程を上手く調整し行う工事です。

キッチンの流し台やガス台、調理台などの台所機器をはじめ、洗面化粧台や浴槽、照明器具、換気扇などの住宅什器を備え付ける工事のことです。

設備機器工事は、『器具取り付け』の段階、つまり仕上げの直前の工事となります。

歩道や道との境界に作る塀や生け垣・玄関へのアプローチ、駐車場や門扉、花壇や庭の大枠を外構工事といいます。

その他にも、飛び石や砂利敷き、土地の水勾配やU字溝等の工事を行います。

ほぼ工事が完成している状態で部分的に未完成の部分や補修が必要な箇所に必要な手直しをします。

完了した建物が適法に建築されているかを現場で確認する検査をいいます。

建物の工事が完了した際は完了検査を必ず受けなければなりません。

建築工事がすべて完了し、地方公共団体の完了検査に合格し『工事完了検査済証』が交付されると、「引き渡し」の手続きを行います。

竣工検査で指摘した不具合がちゃんと手直しされているかなどをご確認いただき、設備の取扱いの説明や鍵を御引渡し致します。

  • 掲載中の物件数
    戸建て 167 件
    マンション 112 件
    土地 95 件

    住まいを探す

  • 住まいを売却される方

  • 住む街の概要

  • マイホームが出来るまで

  • 住まい探しが初めての方

  • ご利用者の感想

  • お問い合わせ




  • 世界で一番自然に近い家【無添加住宅】

  • 次期分譲予定



  • トップへ戻る